浜松、豊橋を中心にシステム開発、CMSカスタマイズ、オリジナルCMS開発、ポータルサイト制作等を行っております。

CMSカスタマイズとCMS開発

東海シティネットでは昨今のインターネットでは欠かすことのできないCMSの開発を行います。
お客様にあった、オリジナルのCMSを開発いたします。

CMSとはホームページやWEBコンテンツなどを簡易に更新できるシステムのことであり、コンテンツマネジメントシステムなどと呼ばれており、 ポータルサイトなどではもちろん、ホームページ制作などの現場でもオープンソースCMSの登場により、幅広く使われるようになってまいりました。

当社ではそれらのオープンソースCMSのカスタマイズは当然、オリジナルのCMSの開発を行うことが可能です。
海外向けの多言語CMS、FLASHCMS、ポータルサイト、会員情報管理、各種データベース関連システム等、お客様の要望に応じて構築が可能です。 世の中で見たことのあるシステムはもちろん、見たことのないものでもアイデアが決まり次第作ることが可能です。

当社ができること

0からの開発
近年各種フレームワークの急速な進歩により今までの時代では非常に時間のかかっていたCMSの開発がかなり短時間のうちに完成するようになりました。
当社もメジャーフレームワークの使用を続け、それらの開発が驚くべきスピードで可能になってきています。
ホームページや公開する情報はお客様自身で行えるようにする。というコンセプトの元、より使いやすいフレームワークの構築を心掛けております。

オープン系のカスタマイズはもちろん、自社開発によりカスタマイズの拡張性を持たせることが可能
全て自社開発ですので、例えば、オープンソース系のCMSなどを使っているときにおこる問題で、このような新しい機能を付けたいがどうにかならないか? というカスタマイズ要望に対応できにくいという問題が出ることがあります。オープンソース系のCMSは確かにCMSとしては洗練され、その1つの分野においては 非常に使いやすく軽量化ができていますがデザインのカスタマイズは容易にできますが、デザインではなく機能のカスタマイズとなるとなかなか難しい状態になります。
当社では自社・グループ会社内での開発となりますので、デザインはもちろんのこと、機能の追加や、管理画面のカスタマイズにも容易に対応が可能です(オリジナルCMS)。

対応するCMS

オープンソースCMSカスタマイズ
WordPress、MovableType、ECcube、Oscommerce、Zencart、tomatocart、Joomla、Xoops、等のメジャーCMS

オリジナルCMS構築
PHP系フレームワークを利用したものが主体
データベース(MySQL、PostgreSQL、Oracle、MSDB)等

納品までの流れ

納品までの流れは以下のようになります。
お電話でのお問い合わせ
まずはお電話でお問い合わせ下さい。

↓

ヒアリング・現状確認
内容を直接ヒアリングを行います。どんなものが作りたいのか?どんなことがしたいのか?など、ある程度近いシステム(インターネット上に公開れているもの)などがあれば参考になります。 同時に現状の状況も合わせて確認する場合がございます。(複数日かかる場合がございます) 秘密保持契約などが必要な場合はこの時点で秘密保持契約などを締結します。

↓

お見積り
概算のお見積りを提出させていただきます。

↓

発注
発注書の返信または送信を持って発注とさせていただきます。
中規模以上のシステムの場合、着手金として2割前払い金をお支払いいただきます。

↓

デザイン等の決定
システム全体の構成や、レイアウト、その他ある程度大まかな部分のみを決定していきます。小規模サイトや一般的なシステムの場合、 細かなデザインの決定も同時に行っていくことが可能です。しかしデザインに関してはできたものを見てみないとわからないというお客様が多いため 一般的にみられないようなシステムの場合は構築と同時に少しづつ確認を行っていく場合が多いです。

↓

システムプレビュー
当社サーバーにて本番に限りなく近いシステムを構築いたします。
デザイン等に関してはシステムの構築が完了してから修正を行っていきます。

↓

確認
本番環境での確認・テスト等を行います。お客様にも同時に確認を行っていただく場合がございます。

↓

微調整・検収・納品
お客様にチェックを行っていただきます。
概要はある程度チェックが済んでいると思いますので、一応納品前の確認という意味で行います。

↓

納品・公開
一般公開・運用を開始します。
これ以降は通常のベーシックサポート等での対応となります。

最近の制作実績

最近のCMSカスタマイズでの制作実績については以下の通りです。その他の実績に関してはこちらから
【ショッピングサイト】

オープンソースCMS、ECcubeをベースとしたショッピングサイトになります。
【ショッピングサイト】

オープンソースCMSのECcubeと、クレジット決済を組み込んだショッピングサイトになります。
【ショッピングサイト】

オープンソースCMSのECcubeとSixApart社CMS MovableTypeをベースとしたショッピングサイトになります。
オンラインでのカスタマイズ注文が可能な機能を加えたECcubeシステム
【企業ホームページ】

SixApart社のCMS MovableTypeをベースとしたホームページになります。
MexicodesystemsのWyswigエディタを搭載。
【ショッピングサイト】

オープンソースCMSのECcubeをベースとしたショッピングサイトになります。
オンラインでのカスタマイズ注文が可能な機能を加えたECcubeシステム
【企業ホームページ】

SixApart社のCMS MovableTypeをベースとしたホームページになります。
MexicodesystemsのWyswigエディタを搭載。

よくあるご質問

CMSとはなんですか?

コンテンツマネジメントシステム(Content Management System,CMS)は、Webコンテンツを構成するテキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称。2005年頃より一般的に普及したといわれる。コンテンツ管理システムとも呼ばれます。

CMSを利用するメリットはなんですか?

情報の更新や、新規情報を作成する際にお客様自身で操作を行い管理ができるため、 管理会社へ無駄な発注費をかけることなくホームページ情報・ショッピング情報などを管理できるため、 今は当たり前のようにこれらは使われるようになっております。

なぜCMSにカスタマイズが必要なのですか?

CMSとは管理を行うためのシステムで、オープンソース(ソースコードを公開している)のものは書いてある言語の内容を理解できれば、 全世界の人が内容を閲覧でき、機能をカスタマイズできる形になっております。
しかし、機能は整っていてもデザインに関しては全て1から作らなければいけないためデザインは標準の状態からカスタマイズを行っていく必要があります。

課金や、クレジット決済、コンビニ決済などのシステムも構築できますか?

ショッピング系CMSではだいたい可能です、クレジット決済システム。コンビニ決済、WEBマネー等は決済会社との契約を行う必要がありますが システムにそれらの機能を持たせることも可能です。

CMSで顧客情報を管理したいのですが・・・

例えば顧客情報管理に適したCMSのオープンソースプロジェクトが見つかればいいですが、ない場合はオリジナルのCMSを作成、または既存のCMSの機能で対応していただくか、機能カスタマイズを行います。
機能だけでしたらお客様に実際に体験していただき、カスタマイズで済む範囲であれば機能カスタマイズで対応いたします。
オリジナルCMS作成に関してはシステム開発をご覧ください。


東海シティネットへのお問合せ